今月二回目の家勉迫ってきました~

お久しぶりです。ブログ随分とご無沙汰しており死亡説や、クーデター説などいろいろありますが何とか無事のTです(むしろいつもクーデター起こされていますが笑)

先日は伊勢市での家勉、久しぶりにもかかわらず多くのお客様にお越しいただきありがとうございました。

そして今月二回目の家勉を11/30から二週間にわたって津市にて開催させていただきます。今年最後かつ津インター、中勢バイパス、津市内からも近い立地なので県内すべての方が見に来ていただけることを楽しみにしています。

そしてこのブログの更新もしばらく停滞しておりましたが、近日気分も新たに新ブログに移行予定です。ブログだけでなく色々と。いやまあぶっちゃけそちらの文章作成とかに時間取られてたわけで・・・と言い訳してみました笑

松阪の家

 

松阪のお家も無事建て方を無事行うことが出来ました。ファンタジーなお施主様(どんなお施主様!?)ですので、落ち着きあるせこ住研の家作りの中にも、さりげな〜くそういうの盛り込んでくるでしょう。

 

津のお家も今年最後の家勉に向けてラストスパート。現場を見る限り、間に合うのか⁈的な雰囲気も漂っておりますが大丈夫でしょう。。多分

玉城のガッキー

妙なタイトルでクリックを稼ぐつもりもありませんが、はい、玉城町で進行中のお家の石垣です。名付けて玉城のガッキー・・・(苦情は全然受け付けておりません笑)

立派なガッキーです。造園屋さんがユニックと格闘しながら一人でじっくり納得のいく配置まで追い込んでいきます。なかなかに立派なこのガッキーが一週間少々で形になるらしく、その完成が非常に楽しみなのでありました。自慢では無いですがせこ住研のお施主様は濃い人が多い・・・とよく言われますが今回も特濃の一棟。この時点で既に濃い片鱗を見せています。。。

松阪市にてこれから基礎工事。の前の掘り方の写真ですが、この掘り方にこそ家づくりの要諦が垣間見えるわけで、、、

結局1番大事なところは隠れて見えなくなってしまいます。家作りのプロ、なんて自分で言うつもりは毛頭ありませんが、建てる側の本音としては限られた予算、まずは後でどうにもならない所にしっかりコストをかけるべきだと思います。

津の家、第二章

10月になりました。がまあ暑い熱い。暑すぎて変換がおかしくなったようです笑

ということで津の家第二ラウンドが始まりました。現時点でも通行人の方とか、知っている人とかに「今津でやっている家、なんだかすごそうね~」

なんて言われるわけですがここで重機登場。とりあえず掘っているふりをしてみましたが、今からしっかり採寸しての第二次基礎着工となります。むしろここからが本番!?ということもありませんがこれでグッとまた見た目が変わるんですね~おそらく通行人の方もその変貌ぶりにハッとしてグッとでしょう。。。お楽しみに♪

けがれのない家づくり

松阪市にて地鎮祭を催行しました。

神社様に浄めていただき、けがれのない(もとよりけがれなど無いと思いますが)MUKUの家づくりの準備が出来ました。まずは先行工事を始めていきますが、ブロックを積んだり、土を入れたり土地が整っていくと、こんな素敵な土地やったんや~!?となります。とくに解体からのスタートですとそのコントラストが大きく…楽しみです。

伊勢のお家もせこ住研謹製・MUKUの階段がかかり着々と進行しております。無垢のヒノキ材でつくった階段、ちょい隠れてしまいますが見えない所までけがれ無き空気を実現するために徹底していきます。

家具も出来上がってきました

某邸の家具が出来上がりました。

今回も丁寧な仕事でありがたい。。。

猫も杓子も無垢むくムク、

写真では伝わりにく丁寧な仕事のをぜひ実際に見ていただきたく思います。

↑自分たちではよくわからない(近くの同業他社のお家を見せていただく機会なんてほとんどない)ですが、見学会にお越しいただいたお客様にそのように言っていただくことがい多いので図々しいですが書いてみました笑

L字型の土地

解体工事も終わり、土地の全貌が明らかになりました(笑)

松阪、エルの土地ですが、家はエル字型ではありませんのであしからず。

便利な場所にスマートに(賢く・小さく)住む、

人口減少の中で空いてくる昔ながらの「いい立地」

非常にナイスなチョイスですね~

(こちらは建て替えで昔から住んでおられますが・・・)

ここんちも家勉の予定をしておりますのでお楽しみに~

色々の現場進んでおりまして・・・

8月の初めにブログを書いて早3週間くらい経っていました。

みなさん、ブログを心待ちにしていると思いますので(笑)ここらでブログを書くリズムに戻していきたいと思います。

津のおうちはボチボチ家具のしつらえに入っております。これから手作りキッチンの搬入も待っておりますので、もうかなりの確率で素敵になるでしょう

(床にひいている合板はその下の無垢床の保護に仮置きしているもので、床の下地ではありませんので悪しからず~)

 

伊勢のお家はもうここまできました。シンプルかつ高品質な一棟、お施主様の手作りパースからもワクワク感が伝わってくる一棟です。

 

玉城の家も地盤をアゲアゲ。雑木林の様相を呈していた土地が、ちゃくちゃくと家づくりが始まりそうな土地になってきました。これから石をつんだりあれしたりこれしたりですんばらしい蝶々の楽園になっていくようです。

 

とうことで次回のブログ更新はすぐなのか?それとも3週間後なのか!?それはTにも分からないところです。はい・・・