明和の家も形が見えてきました

明和町の家も少しづつフォルムがはっきりしてきました。しっかり二階建てのお家ですがそこはせこ住研の家ですので、腰高な感じにならないように細心の注意を払っております。そして内部は、二階建ての高さからくる吹き抜け感が絶妙でして、平屋、大屋根がシンボリックなせこ住研にあって格別の輝きを放つのであります。

あ、そういえば久しぶりのロフトもありますよ。

階段は家づくりの華

着実な歩みで進んでおります小俣の家、よく目立つ立地につきよく「だいぶ出来上がってきたね~」なんて言われますが、内部はまさにヤマ場。山から採って来たのでヤマ場・・・とかそういんじゃなくて、まさに大工が無垢の木をせこ住研階段へと昇華させるその真っ最中なんであります。

現代では建築「商材」としての階段キットのようなものが当たり前になりましたがとことん無垢の木でそれもやっぱここらのヒノキで・・・なんて考えるとやっぱり手作りしかないですね。この質感、ちょっと杉では出ませんわな

片側は準備完了。ここに階段とか洗面とかいろんな要素が絡んで「ザ・大工泣かせ!!」

ということで引き続き大工さんに泣いていただきましょう。男泣きで笑

度会の家、家勉までラストスパート!!

台風の影響とか台風の影響とか、また台風の影響とかで予定通り行えるのか!?と開催が危ぶまれていた度会のお家もなんとか完成の目処が立ってきました。内外ともに度会の山々に映えるバナキュラーかつダイナミックなお家でありまして。。。この空間はせこ住研の高い断熱性能があってこそなんでありますな。

趣味の一つ、Nゲージですが、今回は我らが近鉄のちょい都会っぽいやつ、「アーバンライナー」をゲットしてきました。時代は近鉄です。近鉄笑。。。

松阪オフィス開設の際にはNゲージのジオラマを作りたいですな。好きなものをいっぱい詰め込んだアジトっぽいオフィス・・・うん。それにしょう。現役のうちに笑

 

 

明和町で建て方

台風21号、20数年ぶりの暴風で久しぶりにスタッフ一同飛び回っておりますが・・・

一夜明けて無事建て方を行うことができました。ひっさしぶりのちょっとしたロフトがある家でありまして、いつもよりちょっと高めのシルエットとなっております。どちらかというとオーソドックスなスタイルですがT的にはこちらが新鮮な感じでして・・・

そう、例えるなら昔気になっていたクラスのマドンナにばったり再会みたいな。みたいな。

 

でところ変わりまして伊勢の家。外壁も貼りあがってきて大器の片鱗を見せてきましたな。

ぐるりと廻した屋根が堂々として・・・

そう、例えるなら大御所女優の風格。う~ん、かたせ梨乃とか(←個人的好み)

家勉のお礼と次回家勉

津市にて開催させていただきました家勉も無事終了さしました。お施主の陣中見舞い、沢山のOBさまにも遊びに来ていただき賑やかな家勉となりました。予約制ということで、ややハードルが高い雰囲気を醸し出していますが、少人数で開催しておりますので、ご理解いただけたらと思います。

津のお家のリビングから。この空はこのお家だけの空。

次回家勉、度会のお家は左官工事真っ只中。もう少しです。

明和の家、絶賛木配り中

明和の家、9月の建て方に向けて木を選んでいきます。今回はちょっと背の高い建物ですので、何本かの柱は長~いのを選定していきます。お待ちいただきましたお施主様にもきっと喜んでもらえるでしょう。たぶん。。。

盆前の絶望的暑さからちょっとマシになりました。建て方の日もどうか穏やかな一日になることを願ってやみません・・・

家でのドリッパー

旧ブログを昔から見ていてくださるハードユーザー(!?)の方はご存じの方もいますが私、もともとコーヒーのドリップには一家言ある(←こういうところがオヤジ)のですが、なぜかドリッパーはカリタのプラッチックのやつでした。

基本的に物を買ときどうしても今必要なものでなければ気に入るものが見つかるまで何年でも買わないタイプですので今に至るのですが先日旅行にいったやちむん通りでついに出会ってしまったわけですな、ドリッパー。

ぱっと見た瞬間に「カップとソーサーが一体になってるなかなかシャレオツなカップなや~」なんて話していたわけですが底を見たら穴があいているわけで・・・こんな素敵なドリッパーに出会えるなんて思ってもなかったので一瞬「え??植木鉢???」とか思ってしまいました。

ということで沖縄作家さんの素敵なドリッパーに出会って久々にコーヒーにハマりそうです。

一家言あるオッサン、偉そうなこと言いましたが最近はずっとモンカフェ専門です。一パック増量中のやつを必死で探すという・・・

本日のタイトル、有名な英語教材をもじったのですがわかる人いるだろうか笑

度会の家ももう少しのとこまで来た。

危険な暑さ~ 危険な暑さ~ と毎日のニュースももっと気のきいた言い回しないんか?といいたくなるような危険な暑さが続きますがそんな中でも職人さん、頑張って家づくりを進めてくれます。

度会の家も足場が取れて全貌が見えてきました。以前玉城で家勉させていただいたお家の外観をいたく気に入ってくださりぜひそっちの方向で!!ということで「前にどっかで外観のお家見たことあるぞ~」と思われた方、正解です。きっとそれです笑

とは言え、お施主様のご要望も設計担当も違うので当然内部は全然違います。あ、もしかしたら内部初公開だったか?いや、前にアップしていましたな。檜の構造材が最大限に映える設計です。お施主様の喜ぶ顔が目に浮かびますな。。。

 

展望デッキ

台風12号が接近中で東京は隅田川の花火大会も開催が危ぶまれていますが・・・

先月お引き渡しさせていただいたOBさまから伊勢の花火大会の写真をいただきました。うまく撮れておらず~的なコメントもお施主様よりいただきましたがT的には

「家のデッキから花火が見えます~」的な感じでしたらOKですので大変有り難く・・・

宮川の花火を汗だくになって見に行っていた身からしますと家でルービー(あ、ビールの事です)なんか飲みながら花火が見れたら最高ですわな。

明和の家、基礎開始です

明和のお家もいよいよ基礎着工しました。

まずは基礎の基礎から(笑)

弊社では本ちゃんの基礎の前に防湿シート+捨てコンをしております。もちろん強度計算には全くカウントしてない部分ですが、ここをしっかり押さえているのとそうでないので色々まったく全然変わってきます。キチンとした基礎が出来上がります。

いい仕事にかける(かかる)手間の8割くらいは下地作りであったり養生であったりの、「見えない部分」だったりするので、そこを端折っての仕事というのはまあそれなりなわけです。特に建築は仕上がるとみえなく部分も多いのでよほどの革新でもないかぎり安くていいものは存在しない世界なんですな。まあ高いけど良くないとこも多々あるので厄介ですが・・・